赤ちゃんの風邪予防、便秘解消法

赤ちゃんの風邪予防、便秘解消法

私の子どもは、よく鼻風邪をひきます。

 

自分で鼻をかむことが出来ないので、口で息をしながら鼻水を垂らしています。
それでも息をするのが辛そうで変わってあげたくなります。

 

子どもが鼻水を出し始めたら、鼻水を吸う道具があるのでそれを使います。
これは、赤ちゃん本舗や西松屋で売っているのですぐに購入できます。

 

小さい穴の方を子どもの鼻に入れて、もう一つの大きい穴の方を私が口にくわえて吸うと、鼻水が出てきて、その鼻水は小さい瓶みたいなとこに入るようになっています。
ちょこちょこ吸ってあげないと、すぐに鼻水が溜まってしまうので、出来るだけちょこちょこやっています。

 

こまめに吸ってあげないと、中耳炎になると耳鼻咽喉科の先生にいわれました。

 

奥の方に溜まってる鼻水とかは、自分では吸いきれないので、そういうときは病院に行って吸ってもらっています。
病院のほうが力が強いので、子どもは泣いてしまいますが、終わったあとは、スッキリしてるように思います。

 

子どもが小さいと、出せる薬が限られるとのことで、うちの子は1ヶ月経ってもなかなか治りませんでした。
うちの子は指しゃぶりをするので、外から帰ってきたら必ず手を洗ってあげるようにしてます。
それだけでも風邪予防になると思っています。

 

 

次に便秘の解消法です。

 

うちの子は、とても便秘症で三日でないこともたくさんあります。

 

生まれたばかりの頃は、出産した病院の先生に教えてもらったんですけど、綿棒にベビーオイルを湿らせて、お尻の穴に綿棒を入れて優しくクルクルまわすと、刺激で出てくると言っていて本当にすぐ出てきました。

 

もう少し大きくなっての便秘は、やっぱりお腹が苦しいのか、グズることもあります。
なので、お腹がを「のの字」マッサージをしたり、足を持って動かして腸が動くようにしたりしました。
それで出てくれれば嬉しいのですが、出てくれないときは、ベタにヨーグルトを食べさせます。
ヨーグルトの効果は絶大です。

 

今までの便秘が嘘のように、たくさん出てくれます。
朝は少量ですが、夕方くらいからモリモリ出てくれます。
湯船の中でもしちゃうくらいです。

 

小さいときは、プレーンヨーグルトをあげていましたが、1歳とかになると「1歳からのヨーグルト」みたいなのが売ってるので、それでもいいと思います。
赤ちゃん用の味付けというか、ほんのり味がする程度だし、大人のヨーグルトより小さいので、あげすぎることもなく安心して食べさせてあげることが出来ます。