どうしてダイエットをすると便秘になりやすい?対策法について

どうしてダイエットをすると便秘になりやすい?対策法について

ダイエットをする目標は何でしょうか?おそらく「健康のため」、「きれいになるため」という人が多いのではないかと思います。
しかしその反面、「ダイエットを始めたら便秘になってしまった」という人もいるようです。

 

どうしてダイエットをすると便秘になりやすいのでしょうか?また、そうならないための対策はどうすればいいのでしょうか。

 

便秘がもたらす悪影響とは

 

「便秘」の定義は、あまりはっきりとは決まっていないようです。ただ、排便がない(もしくは少ない)、残便感がある、排便が困難などの症状があれば、便秘と言われることが多いようです。
なかなか排便できない、というのは、それだけであまり愉快なものではありませんが、それだけでなく、体に様々な悪影響を及ぼすとされています。

 

便秘になると、腸内に排泄されるべき便が溜まってしまいます。その便から毒素が出て、体内に吸収されてしまうと言われています。
また、体に溜まったいらない老廃物も、外に出すことができなくなります。

 

加えて腸内環境も悪くなり、血行が悪くなったり、自律神経が乱れたりすることもあると言われています。

 

便秘は美容にとっても大敵です。肌がくすむなどの肌トラブルや、抜け毛などの髪のトラブル、ぽっこりお腹などの原因になると言われます。
きれいになりたくてダイエットをしても、これでは台無しになってしまいますね。

 

便秘はダイエット自体の邪魔もしてしまいます。便秘のために腸内環境が悪くなると、栄養をうまく吸収できなくなってしまうため、脳が「栄養が足りない!もっと食べなくちゃ」と判断してしまうことがあります。するとダイエット中なのに、食欲が増してしまうことになります。
加えて代謝も悪くなり、これも痩せにくい原因になると言われています。

 

どうしてダイエットをすると便秘に?

 

ダイエットが便秘の原因になってしまう理由のひとつに、食事制限があると言われています。

 

ダイエットのために、極端に食事量を減らしたりしていないでしょうか?食事の量が少なすぎると、便のカサが増えず、排便がしにくくなると言われています。

 

水分不足も問題になります。食事量を減らすことで、食事から摂れる水分の量が減ってしまい、便が硬くなることがあります。便が硬くなることも、排便を難しくする原因とされています。
また、ストレスも便秘の原因になると言われています。あまりに食べたいものを我慢しすぎると、ストレスが溜まってしまいますよね。

 

適度な我慢はダイエットにおいて必要なものですが、し過ぎるのはよくありません。

 

どうすれば便秘を防げるの?

 

ダイエット中の便秘を防ぐ、また解消するためには、どうすればいいのでしょうか?

 

まず、無理な食事制限はやめた方がいいでしょう。食事量の減少や強いストレスなどが便秘の原因になるほか、かえってリバウンドしやすい体を作ってしまうとも言われています。
きちんと三度の食事を摂り、適度に運動をするのがいいでしょう。
また、食物繊維を多く摂ることも、便秘の解消にいいと言われています。

 

食物繊維には、海藻などに多く含まれる水溶性食物繊維と、ゴボウなどに多く含まれる不溶性食物繊維があるとされています。どちらか一方だけではなく、両方摂ることが必要です。
便秘になることなく、健康的にダイエットを成功させたいものですね。